キャプティブとは何か?仕組みと日本企業の現状

キャプティブとは?一般的にキャプティブとは、「自社のリスクを専門的に引き受けるための保険子会社」の事を指します。英語でキャプティブ<captive>の意味は「捕われた、縛られた」という意味として使われており、親会社に従属する「捕虜」に由来すると言われています。つまり、キャプティブとは、自社の専属的保険…

キャプティブのメリットと活用方法

キャプティブのメリットと活用方法についてキャプティブとは、自社グループ内に設置する自社グループ内のリスクを専門的に引き受けるための保険会社のことです。このキャプティブの仕組みを活用すれば、既存の保険商品だと解決できない、企業を取り巻く課題の多くを解決する事できます。「キャプティブってどんなメリットがあるのか?…

引当金対策としてキャプティブの活用は有効か?

はじめに取引先の倒産、リコール発生や設備の損害等による経済的損失のような将来の支出や損失に備えるため、企業では会計上、引当金を計上して一定のリスク対策をしています。 新たな企業のリスク対策として、引当金に替えて、あるいは引当金と組み合わせて損害保険を検討されている企業も増えてきました。 引当金のメリット、損害保険のメ…

キャプティブのデメリットと問題点

はじめにキャプティブは、既存の保険商品だと解決できない、企業を取り巻く課題の多くを解決する事できる優れたメリットがある反面、当然ながらデメリットもあります。キャプティブのデメリット、レンタキャプティブのデメリット、税制変更によるリスク等、キャプティブの問題点についてまとめました。《参照:キャプティブのメリット》…

キャプティブの5つの種類と特徴まとめ

キャプティブの種類キャプティブには、その所有形態等により 1. ピュア・キャプティブ 2. グループ・キャプティブ 3.アソシエーション・キャプティブ 4. レンタ・キャプティブ 5. Special Purpose Financial Captive(SPFC)主に5つの類型があります。それぞれの特徴をまと…

キャプティブとタックス・ヘイヴン対策税制まとめ

はじめにキャプティブの設立・運営の際に避けては通れないのが「タックス・ヘイヴン対策税制」です。タックス・ヘイヴン対策税制の対象になってしまうと、タックス・ヘイヴン国や地域に留保された利益について、居住者又は親会社に配当がされたものとみなされ、本国に本社を設ける企業が、海外の低税率国で実体のない子会社の所得を計上してい…

キャプティブ設立のセカンドオピニオンのご案内

このようなお悩みありませんか?キャプティブの設立を進めているところだが、ドミサイル(設立地)はここで大丈夫なのか?収益シミュレーションはこれで大丈夫なのか?想定しているスキームはこれで大丈夫なのか?そもそもキャプティブを設立すべきなのか?実際にキャプティブを運営しているが、本当にメリットが…

キャプティブ研究所へのご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせについてキャプティブ研究所では、 ・キャプティブ設立・運営にご興味があるお客様用のご相談・お問い合わせフォーム ・アライアンスパートナー様・取材希望用のご相談・お問い合わせフォームの2つをご用意しております。電話相談窓口も設置しておりますので、お気軽にご相談下さい。…