キャプティブの5つの種類と特徴まとめ

  1. キャプティブの種類
  2. 799 view

はじめに

キャプティブには、その所有形態等によりピュア・キャプティブ、グループ・キャプティブ、グループ・キャプティブ、アソシエーション・キャプティブ、レンタ・キャプティブ、Special Purpose Financial Captive(SPFC)、主に5つの類型があります。それぞれの特徴をまとめました。

ピュア・キャプティブ

シングルペアレント・キャプティブとも呼ばれ、単一の企業・企業グループによって出資設立され、親会社のリスクのみを引き受ける純粋保険子会社のことです。 キャプティブの最も基本的な形態で、設立されているキャプティブのほとんどがこの類型です。

グループ・キャプティブ

同業または同様のリスクを抱える複数の企業によって設立されたキャプティブです。設立企業やその関連企業のリスクを引受けるキャプティブです。

アソシエーション・キャプティブ

事業者団体や医師等の職能団体によって設立されたキャプティブのことです。複数の出資者によって所有されているという点でグループ・キャプティブと類似しているので、グループ・キャプティブ=アソシエーション・キャプティブとしている場合もあります。

レンタ・キャプティブ

キャプティブの設立者がファシリティー(セル)を分割した上で、個々のファシリティー(セル)を利用企業に貸し出し、キャプティブの機能を提供するものである。利用企業は使用料を支払いリスクの引受け等を行う。ファシリティーを借りる方が、所有するよりも企業の財務面・運営面での負担を軽減できるという特徴があります。このように、キャプティブの機能を複数の企業に賃貸することを目的として設立される保険子会社をレンタ・キャプティブと言います。米国ではスポンサード・キャプティブと呼ばれています。

現在、レンタ・キャプティブの主流を占めているのは保護セルキャプティブと呼ばれる形態です。同じ引き受け母体(スポンサー)傘下の一部のセルが大損害を被って破綻した場合でも、他のセルに影響が波及しないように法的な手段を講じてあるものです。

Special Purpose Financial Captive(SPFC)

直訳すると、特別目的金融キャプティブで、保険証券化やこれに関連する取引のために設立されるキャプティブのことです。SPFC を設立することにより、資本市場へのアクセスが容易となる点が特徴です。

まとめ

キャプティブには主に5つの類型があります。単一の企業・企業グループによって出資設立され、親会社のリスクのみを引き受ける純粋保険子会社のピュア・キャプティブが最も基本的な形態ではありますが、企業の財務面・運営面での負担が重いことから、キャプティブの機能を複数の企業に賃貸することを目的として設立される保険子会社をレンタ・キャプティブが増えてきています。現在、保護セルキャプティブと呼ばれる形態、同じ引き受け母体(スポンサー)傘下の一部のセルが大損害を被って破綻した場合でも、他のセルに影響が波及しないように法的な手段を講じてあるものがレンタ・キャプティブの主流となっています。

結局、キャプティブって何?研究者が分かりやすくご回答いたします。

「本当にキャプティブにメリットがあるのか?」「キャプティブは、いくらからメリットがあるのか?」「どのぐらい資産を残せるのか?」「これぐらい資産を残したい」「かける保険が分からない」等、キャプティブの使い方によって変わってきます。研究者が分かりやすくご回答いたします。「もう少し分かりやすくキャプティブの仕組みを教えて欲しい」という方にも丁寧にご説明いたします。

「キャプティブ設立の準備にとりかかっているが、想定しているスキーム、収益等、第三者の意見を聞いてみたい」など、セカンドオピニオンを受けたいという方もいらっしゃいます。2019年までに延べ80社を超える企業にキャプティブによる資産構築モデルを提供してきた当研究所の研究者にご相談下さい。2019年までに延べ80社を超える企業にキャプティブによる資産構築モデルを提供していきた当研究所の研究者にご相談下さい。

キャプティブ研究所代表研究員

足立 哲真 キャプティブ研究所 所長 研究者

金融サービスのプロフェッショナルとして世界中から認識されている国際的な組織MDRT(Million Dollar Round Table)の最上位メンバーであるTOT(Top of the Table)に2010年度より世界最年少で8年連続して入会。企業への財務戦略や経営者個人への資産防衛、資産運用のコンサルティングを専門とし経営者から高い評価を得ている。あらゆる中小企業の財務に関わる中で「保険だけでは限界がある」と痛感し、日本ではまだ注目されていなかったキャプティブを活用した資産構築スキームの研究に取り組む。2019年までに延べ80社を超える企業にキャプティブによる資産構築モデルを提供。業界の第一人者として注目を集めている。

お電話でのご相談・お問い合わせ

キャプティブ研究所 電話相談窓口

お気軽にご相談下さい。
03-6809-5330

お問い合わせフォームでのご相談・お問い合わせ

【パートナー様用】ご相談・お問い合わせはこちらから