キャプティブ設立のセカンドオピニオンのご案内

  1. キャプティブ研究所とは?
  2. 75 view

「第三者の意見を聞いてみたい」というお問い合わせが数多くあります

キャプティブ研究所の設立目的

キャプティブの設立を進めているところだが、

  • ドミサイル(設立地)はここで大丈夫なのか?
  • 収益シミュレーションはこれで大丈夫なのか?
  • 想定しているスキームはこれで大丈夫なのか?
  • そもそもキャプティブを設立すべきなのか?

「第三者の意見を聞いてみたい」というお問い合わせが数多くあります

不利な設立をさせられてしまっているケースも多々あります。

キャプティブは、再保険の仕組みを活用した究極の資産防衛策ですが、キャプティブの使い方を間違えてしまうと、キャプティブを設立した意味がなくなってしまうおそれもあります

そこで、キャプティブ研究所では、第三者の意見を聞いてみたいという方のためにキャプティブ設立のセカンドオピニオンを受けられる窓口を設置しました。

2019年までに延べ80社を超える企業にキャプティブによる資産構築モデルを提供してきた当研究所の研究者への電話相談窓口も設置しました。

キャプティブ研究所代表研究員

足立 哲真 キャプティブ研究所 所長 研究者

金融サービスのプロフェッショナルとして世界中から認識されている国際的な組織MDRT(Million Dollar Round Table)の最上位メンバーであるTOT(Top of the Table)に2010年度より世界最年少で8年連続して入会。企業への財務戦略や経営者個人への資産防衛、資産運用のコンサルティングを専門とし経営者から高い評価を得ている。あらゆる中小企業の財務に関わる中で「保険だけでは限界がある」と痛感し、日本ではまだ注目されていなかったキャプティブを活用した資産構築スキームの研究に取り組む。2019年までに延べ80社を超える企業にキャプティブによる資産構築モデルを提供。業界の第一人者として注目を集めている。

お電話でのご相談・お問い合わせ

キャプティブ研究所 【セカンドオピニオン】電話相談窓口

お気軽にご相談下さい。
03-6809-5330

お問い合わせフォームでのご相談・お問い合わせ

【パートナー様用】ご相談・お問い合わせはこちらから

関連記事