キャプティブ通信 Vol.6

  1. ニュースレター

資産家の税逃れ防止〜保有10億円 所得ゼロでも報告義務〜

12月5日の日経新聞朝刊1面。

総資産が10億円以上ならば所得の大小にかかわらず保有資産の状況を提出するように義務付ける」とありました。

2022年度の税制改正大綱に明記する方針のようで、富裕層の税逃れが巧妙になっていることから、政府が把握できるように導入するものと思われます。

富裕層の資産把握の強化は日本だけではなく、世界的な潮流になってきています。パナマ文書を始め、昨今著名人や政治家の租税回避地(タックスヘイブン)を利用した税逃れの実態調査が強化されています。

キャプティブもその潮流を受け、各ドミサイルでの制度改定や日本側のCFC税制で合理的な税対策が限定的なものになりつつあります。しかし、制度の深い理解とキャプティブだけではなく、日本側とドミサイルの税制に深い知識があれば、まだまだ税メリットは享受できるものです。これは、長年の潮流を掴んでいるからこそ可能になります。

是非、税メリットを享受されたい方は一度ご相談いただければ幸いです。

今後も有益な情報をお届けして参りますので、キャプティブ研究所を何卒よろしくお願い申し上げます。

関連記事

キャプティブ通信 Vol.1

お問い合わせいただいた方に最新の業界情報やキャプティブ事例や活用方法などを月1〜2回のペースで配信しています。さて、コロナ禍で始まった2021年、開催が危ぶまれ…

キャプティブ通信 Vol.5

設立地(ドミサイル)はどこが最適なのか?今回は、よく頂くご質問の一つ、「設立地(ドミサイル)はどこが良いのか?」についてお伝えします。結論、最近はハワイ…

キャプティブ通信 Vol.3

キャプティブを検討するステージは売上いくらからか?お盆を過ぎると時間の経過が早く感じます。いよいよ10月で、今年もあと3ヶ月です。緊急事態宣言が解除され飲食業界…

キャプティブ通信 Vol.4

キャプティブで人気のある保険種目について今回はキャプティブを導入される企業様に人気のある保険種目についてお伝えします。日本の保険料水準は世界的に見ても極…

キャプティブ通信 Vol.2

東京オリンピック、パラリンピックも閉幕しました。賛否両論ある開催でしたが、選手が見せてくれた競技に対する情熱、そしてそれを支えてくれた全てのことに感謝する姿勢は…

キャプティブ通信 Vol.7

年末のご挨拶2021年は大変お世話になりました。キャプティブ研究所も一般社団法人化し、より公的な活動をする土台が整った1年でした。毎月多くのお問い合わせ…