キャプティブとタックス・ヘイヴン対策税制まとめ

はじめにキャプティブの設立・運営の際に避けては通れないのが「タックス・ヘイヴン対策税制」です。タックス・ヘイヴン対策税制の対象になってしまうと、タックス・ヘイヴン国や地域に留保された利益について、居住者又は親会社に配当がされたものとみなされ、本国に本社を設ける企業が、海外の低税率国で実体のない子会社の所得を計上して…